徳島大学病院 卒後臨床研修センター(歯)

副センター長ごあいさつ

副センター長ごあいさつ

 臨床研修の基本理念は「歯科医師としての人格をかん養し、将来専門とする分野にかかわらず、歯科医学及び歯科医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、一般的な診療において頻繁にかかわる負傷または疾病に適切に対応できるよう、基本的な診療能力を身に付けることのできるものでなければならない。」です。

 徳島大学病院では、臨床研修の基本理念と本院の理念を基に「患者中心の全人的医療を理解し、独立して一般歯科診療に従事し得る態度と技能および知識を習得し、歯科医学、歯科医療の進歩・向上等に対応できる資質の高い歯科医師を目指した生涯研修の第一歩とすること。」を研修目標としてあげ、4つのプログラムで研修を行っております。単独型研修では一人一人の研修歯科医のニーズに対応できるようにいくつかのコースを設けています。また、群方式研修では、協力型臨床研修施設が数多く登録されており、皆さんの出身地で研修が可能な様に配慮しています。ご興味のある方は是非、研修プログラムの概要をご覧ください。

 本院の研修の特徴は、参加型・実践型で研修が進められることです。患者さんからは書物をいくら読んでも学ぶことのできない学びを得ることできます。この参加型・実践型研修は、歯科医師としてスタートを切る皆さんにとって貴重な経験になることでしょう。

 また、臨床研修期間は、「将来どのような歯科医師になるのか」、「何を自分の専門にしようか」など歯科医師としてのキャリアパスを考える時期でもあります。皆さんがどのように研修に取り組むかによって将来が大きく変わってきます。徳島県は超高齢社会を迎えており、担当する患者さんも高齢者が多いことから、都会での研修とは異なり、これからの高齢者社会における歯科へのニーズに対応した研修を進められます。

 私たちと一緒に地域歯科医療に取り組み、そして歯科医師として大きく成長することを希望する皆さんの応募を待っています。