徳島大学病院 卒後臨床研修センター(歯)

研修プログラムの特徴

本学プログラムの特徴

 本学のプログラムは,大学病院と日常臨床で頻繁に遭遇する症例の豊富な臨床研修施設群からなる施設で,小児から成人,高齢者の各年代層に対応したプライマリケアをはじめとした基本的な歯科診療能力をより効率的に習得できるように企画している.

歯科医師の生涯研修の第1歩

 卒前臨床教育で学んだ態度,知識,技術を踏まえ,患者中心の良質で,適切な歯科医療を提供し得る歯科医師の生涯研修の第1歩として,全ての歯科医師に求められる高い倫理観ならびに基本的な臨床能力を身につけることを目指している.

 そのため,1年間の限られた期間内で小児から高齢者の一口腔単位の総合診療が単独で行えるように,総合診療においては卒後臨床研修専任の指導歯科医が,1年間を通じて研修歯科医師一人一人に治療計画の立案から経過観察まで指導する体制をとっている.また,幅広い基本的な,また最新の歯科医学の知識を得るための,各診療科間の垣根を取り払ったセミナーを行っている.